母乳育児

完全母乳をめざすママの悩みはたくさん(T_T)

「絶対母乳で育てたい!!」

 

そうやって意気込むのはとても立派なことですが、あまり気合を入れすぎるのも母乳育児に対して悩みを深めてしまうことになりかねません。

 

実際に多くのママが出産後の母乳育児に対してたくさんの悩みを抱え、苦悩し育児ノイローゼになってしまう方もいます。

 

こうならないためには母乳育児経験者からの生の情報を得て、自分に生かすのが一番!!

 

このサイトでは100以上の母乳育児経験者もしくは現在まさに母乳育児真っ最中というママの悩みを多い順にランキング方式にし、その悩みの解決法を母乳育児ママの生の声を元にお伝えしています。

 

今のあなたを悩ましている”おっぱいトラブル”の解決にお役立てできれば幸いです♪

 

母乳育児の悩みを多い順にランキングにしてお答えしています。

母乳が出ない、母乳の量が少ない

母乳育児において一番多い悩みが、「母乳が出ない「「母乳の量が少ない」など母乳不足に関するもの。

 

しかし、出産後から母乳がたくさん出たというママは全体の20%ぐらい。約80%のママは初めからそんなに母乳が出ることはないんです。

 

だいたいの傾向とすれば、産後1週間〜4週間経って母乳が出るようになるママが約45%。産後5週間〜12週間たって母乳が出るようになるママが20%。

 

産後3か月経ってから出るようになったママも10%以上います。

 

だからまず言えることは、出なくても赤ちゃんにおっぱいを吸ってもらうこと、そして母乳育児をあきらめないことです。

 

>>続きはこちらから

母乳が詰まる、乳腺炎、おっぱいがパンパンに張る

2番目に多い悩みが、「母乳の詰まり」「胸にしこりができた」「おっぱいがパンパンに張って痛い」など、最悪「乳腺炎」につながってしまう悩みです。

 

この母乳の詰まりに関する悩みの原因は色々あって、もともと乳腺が細かったり、食生活が悪かったり、赤ちゃんの飲み方が悪かったり少なかったりなど。。

 

やっと母乳が出始めたのに今度は(T_T)と嘆くママも多いです。

 

>>続きはこちらから

赤ちゃんがおっぱいを吸う力が弱い、吸ってくれない

赤ちゃんの体力が弱かったり、飲み方が下手でおっぱいが飲めないという悩みも多くみられます。

 

これは赤ちゃんの成長と吸い方が上手くなるのを我慢して待つことも大事なことですが、ママの工夫によって赤ちゃんがおっぱいを吸いやすくする方法もあります。

 

>>続きはこちらから

陥没乳頭、扁平乳頭のため赤ちゃんが母乳を上手に飲めない

陥没乳頭や扁平乳頭などママの乳首の形状によって赤ちゃんが母乳を上手に飲めないという悩みもあります。

 

この場合も赤ちゃんの飲む技術が上がることを待つことも必要ですが、さまざまな工夫によって飲みやすくすることができます。

 

>>続きはこちらから

食事、飲み物に気を遣う

ママの食事や飲み物によってどうしても母乳が影響されてしまいます。

 

だから、何を食べたらいいのか?何を食べたらいけないのか?といちいち気を遣いすぎて嫌になってしまうお母さんも多いでしょう。

 

しかし、まずはダメなものだけをしっかり認識しておけばあとは無理が無いようにバランスよく飲食を心がければいいと思います。

 

>>続きはこちらから

その他の母乳育児悩み

母乳が出すぎる

 

出ないママにとってはうらやましがられる事ですが、母乳が出すぎることもけっこう大変なものです。

 

>>続きはこちらから

一人で悩みがちになる

 

一番いけないことがコレ!家族の協力がないとどうしても一人で悩んでしまうのが出産後のママ

 

>>続きはこちらから

慢性の睡眠不足

 

出産後のママに宿命として訪れてしまうのが、慢性的な睡眠不足。でも母乳のやり方によっては多少なりとも解消することができます。

 

>>続きはこちらから

授乳室を探すのに大変

 

外に出るとどうしても出くわすのが、授乳室を探すしたり、見つけても空いていないということ。しかしこれもあるもので解消することができます。

 

>>続きはこちらから

家族からのプレッシャーや考え方の違い、協力がない

 

赤ちゃんの成長が乏しかったりすると、どうしても出てくるのが周りからの声。。とくに義理のお母さんと一つ屋根の下で赤ちゃんを育てる場合は色々と悩みが尽きないものです。

 

>>続きはこちらから

この母乳で育てたいママへの母乳育児の悩み解決サイトは、100人以上の母乳育児経験ママや母乳育児真っ最中の現役新米ママの悩みをアンケートしてそれに対して解決した方法を伺いまとめたものです。母乳で育てることには赤ちゃんの健康を維持することや、成長に、アトピー対策、アレルギー対策、肥満防止、ぜんそくの防止、そしてママにとっても妊娠前までの体重の戻り、子宮の回復、乳がん、卵巣がん、子宮体がんのリスク軽減、骨粗しょう症のリスク軽減、そして赤ちゃんとママの絆というか愛が強くなるのも母乳育児のメリットです。また社会的にもミルクに比べ不要なごみが出ないですし、赤ちゃんやママの病気リスクが軽減されるため医療費も軽減されます。それだけたくさん母乳育児にはメリットがありますが、悩みもたくさんあります。母乳が出ない母乳不足、母乳の詰まりによる「しこり」や「胸の張り」による痛み、そして「乳腺炎」。また赤ちゃんが未熟なことでおっぱいを吸ってくれないことによる体重の増加がみられない成長していない、そして吸ってくれないことでの胸のハリなどが出てしまいます。ママの元mとの乳首の形によって赤ちゃんが吸ってくれないこともあります。あとは家族の協力のなさや町に授乳する場所がない、出産した産婦人科の産後のサポートが少ないなど。。しかい現在では母乳育児対する様々なおっぱいトラブル解決方法や道具、商品、グッズなどが手に入れることができます。搾乳機などがいい例のひとつ赤すぐやひよこクラブなどでも紹介された安心のものばかり、このサイトでは様々な完全母乳をめざすママのトラブルを解決していきたいと思います。